男性

iphoneが充電できない場合|二次トラブルを避ける術

故障した時には

スマホ

iphoneが故障してしまった場合は早めに修理を検討しましょう。現在では修理する方法もたくさんあり、直接店舗に持ち込む方法や郵送でiphone本体を送る方法、自宅などに出張してもらう方法がありますので自分の用途に合った修理ができるようになっています。

この記事を読む

突然の故障でも安心

手

アイフォンの修理は専門の業者に依頼するという方法もあります。保証期間外のアイフォンの修理代を安く済ませたい方にもおすすめです。日頃からバックアップを取る習慣をつけて、いざという時にも慌てないように備えておきましょう。

この記事を読む

電池の持ちが悪い時は

作業員

最近iphoneの充電の持ちが悪いと感じるあなたは、購入した携帯ショップのiphoneバッテリー交換サービスをチェックしてみてはいかがでしょうか。多くの場合無償でバッテリーを交換してくれますのでその悩みは簡単になくなるかもしれません。

この記事を読む

充電不具合の解決法

ウーマン

充電器をチェック

iphoneを毎日のように使っていると、充電できないことがあります。充電できない理由にはいくつかあり、それに応じて適切な対処法を取るようにします。最も多いのが、充電器のケーブルとiphoneがしっかりつながっていない場合です。充電端子に差し込んだつもりでも、入れ方が悪いと奥までいかずに充電されません。端子部をまっすぐに奥まで差し込むと、正しく充電が行われます。充電器自体にトラブルが起きていることもよくあります。特にiphone用の充電器はケーブルの作りが弱く、使っているうちに断線してしまいます。こうなると充電できないので、新しいiphone用の充電器に買い替えるようにしてください。また、充電器に関しては、ケーブルを傷めないよう正しく保管することで充電できないといったトラブルを防げます。

場合によっては修理も

iphoneが充電できないのは、多くの場合充電器に問題があります。一方で、iphone自体が壊れていることも考えられます。例えば内蔵されているバッテリーが劣化していると、正しく充電しても満タンになることはありません。バッテリーは充電を繰り返すうちに劣化していくため、持ちが悪いと感じたら交換するのも一つの方法です。さらに端末の充電端子が破損しているケースもあります。差し込み方が乱暴だと、精密に作られている充電端子が破損し通電しなくなります。この場合にはiphone本体を修理に出すことで、新しい充電端子へと交換してもらう方法が有効です。これらの修理は自分で行うのは難しいため、決して分解などしないよう注意してください。専門の修理ショップに依頼するのが最も確実です。